休日の自己研鑽

【考え方で、人生は変わる!】若手社員よ、波に乗れ!~コミュニケーションの考え方編~

お疲れ様です!ピヨピヨリゾートです。

世の若手社員よ、コミュニケーションの考え方を変え、人生を豊かにしよぞ!!

ということは、全ての行動の根本にある、「考え方」について、
記載しようと思います。

「仕事の調子が悪い…」

「なんか、人間関係うまくかん…」

こう思うことは、人間誰しもあるわけですが、
考え方ひとつで、あなたの行動、ひいては人生すら変わります。

今回は、普段僕自身が大切にしており、
「この考え方は大切だわ」と思ったものを、記載します。

その考えは、ずばり、この言葉に集約されます。

“Loving is not just looking at each other,
it’s looking in the same direction.”

愛することは、お互い見つめ合うということではなく、
同じ方向を見ることです。

(アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの言葉)

※ちなみに、サン=テグジュペリの代表作『星の王子様』に出てくる台詞ではありません。

これ、めちゃめちゃ大切な考え方だと思うんです。

例えば、「分析好きの人」って、周りにいません?笑

その人って、分析能力に秀でるあまり、常に「周りの人と向き合っている」
、と思うんです。

でも、それだと、相手の気持ちや状況は、わかりません。

大切なことは、「向き合う」のではなく、「同じ方向を見る」ということ。

「相手がどんな人間かを観察・分析する」のではなく、
「相手と同じ視点に立つと、どんな思いになるか」を必死に考えるのです。

もう一つ例を挙げますね。

例えば、自分に後輩がいて、その後輩がミスをしました。

自分は、そのミスを指摘し、指導しなければなりません。

あなたなら、その後輩とどのようなコミュニケーションを取りますか?

正直文面にすると、どちらの場合でもそこまで変わりありません。

しかし、意識するのとしないのでは、言い方や態度が、大きく異なってきます。

正確に言うと、「同じ方向を向いている」場合、聞いている方に伝わりやすいし、何より心地よいのです。

なので、コミュニケーションにおいて、相手と「向き合う」のではなく「同じ方向を向く」ことが、とても大切なのです。

※後輩育成において、大切なこと

明日から、いや、今この瞬間から、

誰かとコミュニケーションを取るときは、このことを意識してみて下さい。

きっと、周りの人との関係、そして自分自身の気持ちが、少しずつ変わっていくはずです!

是非、参考にしてみて下さいね。

今日もお疲れさまでした!ピヨピヨリゾートでした。